サイトのリンク切れをチェックできるリンク切れチェッカーWPプラグイン「Broken Link Checker」の使い方

長期でサイトを運営していると外部サイトにリンクを貼っていたり、YouTubeを挿入していたりする数も膨大になってくると思います。

リンク先のサイトがなくなっていてリンク切れになっているとサイトの運営上好ましくないですよね。

今日紹介する、「Broken Link Checker」を導入していれば自動でリンク切れをチェックしてくれるので、そのような心配がなくなります。

特に難しい設定は必要ないので導入しておくといいでしょう。

プラグインの特徴

  • リンク切れを自動でチェックしてくれる
  • なくなった画像もチェックしてくれる
  • 削除されたYouTube動画もチェックしてくれる
  • メールで通知してくれる

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできるしWordPress内で「Broken Link Checker」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「1.11.2」。

Broken Link Checker
Broken Link Checker
Developer:
Price: Free

プラグインの使い方

プラグインをインストールするとメインサイドメニューの「ツール」>「リンクエラーをチェック」という項目が表示されます。

blc1

リンクエラーが出ると下図のようにエラーのURLを表示してくれます。

blc3

同時にダッシュボードにも下図のようにすぐにエラーチェックができるように表示されます。

blc2

これらの場所でリンク切れが起きている場合チェックすることが可能です。

Broken Link Checkerの設定

細かい設定は、「設定」>「Broken Link Checker」から行えます。

日本語なので見ればすぐにわかると思いますが主な部分だけ見ていきましょう。

一般

ここでは、基本的な設定を行う。

blc4

赤枠のメールアドレスの部分に自分のアドレスを入力しておくと、エラーになった時、メールで通知してくれるので、入力しておくといいでしょう。

あとは、デフォルトのままで問題ないです。

リンクチェック対象

ここでは、リンク切れのチェックをどこまで行うかを設定する部分です。

blc5

特にデフォルトのままでも問題ないですが、カスタムフィールドを設定している人はカスタムフィールドにもチェックを入れて通知するように設定ができます。

リンク種類チェック対象

どのようなリンクの種類をエラーにするかを設定する部分です。

除外したいURLもここで設定可能です。

blc6

プロトコル&API

ここはデフォルトのままでOKです。

高度な設定

ここも特にデフォルトのままで大丈夫です。

サーバーの負担制限やログファイルの場所を変更したりできますが、よほど詳しくないのであればそのままにしておくのが得策です。

使ってみた感想のまとめ

以前、古くなったYouTubeをYouTubeのサイト上で削除しました。

その動画をサイトに貼り付けていたのでリンク切れになっていましたが、このプラグインのおかげで気づくことができました。

もし、このプラグインがなければ、動画がエラーになっていたことにしばらく気づかなかったと思います。

サイトリンクがエラーになっていると、それだけで信用度が大きく下がってしまいます。

SEO的にも決していいとはいえないでしょう。

リンク切れがおこらないようにするためにもこのプラグインは必須だと思います。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

The following two tabs change content below.

山田 どうそん

現在「電子書籍出版株式会社」というグループ会社の代表をするとともに、個人事業として「トリガーマインド」を運営しています。 法人では電子書籍の出版代行やプロダクトローンチの企画運営、メディア制作代行、などを行っています。「トリガーマインド」は個人向けの教育事業を中心として展開しており個人の方がネットから低資金で集客できるようなノウハウを提供しています。 他には仮想通貨の自動売買の販売。仮想通貨の情報配信なども行っています。

【WordPressの最適な初期設定をすべて解説した動画78個を今だけ無料プレゼント】

 

 

あなたがもしこれからWordPressをはじめようとしているならこのプレゼントをぜひお受け取りください。

 

最初の初期設定を間違えてしまうと、あとから変更することができず、せっかくのWordPressの効果を最大限に活かすことができなくなってしまいます。

 

「長時間かけて作ったブログがあとから間違っていてすべて作り直し」

 

なんてことにならないために、このプレゼントを受け取って正しい設定をしてからスタートしてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現在「電子書籍出版株式会社」というグループ会社の代表をするとともに、個人事業として「トリガーマインド」を運営しています。 法人では電子書籍の出版代行やプロダクトローンチの企画運営、メディア制作代行、などを行っています。「トリガーマインド」は個人向けの教育事業を中心として展開しており個人の方がネットから低資金で集客できるようなノウハウを提供しています。 他には仮想通貨の自動売買の販売。仮想通貨の情報配信なども行っています。