「Browser Shots」を使ってWebサイトのキャプチャ画像を自動生成するとキュレーション記事が作りやすい

他のサイトを紹介したい時に、普通はそのサイトのキャプチャ画像を撮影して、Photoshopでリサイズして、サイトに貼り付けて、、、という結構な手間暇をかけて作業しますよね。

正直たいへんです。でも、今日紹介するプラグインは、動的に自動でウェブサイトのキャプチャ画像を生成してくれる優れものです。

コレを使えば、ブログ更新のスピードも格段にアップします。

プラグインの特徴

  • 紹介したいウェブサイトのキャプチャ画像を自動生成してくれる

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできますしWordPress内で「Browser Shots」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「1.5.1」。

Browser Shots
Browser Shots
Developer: Ben Gillbanks
Price: Free

プラグインの使い方

管理画面の場所

プラグインをインストールするだけで「記事投稿」からすぐに利用できるようになります。

browsershors1

プラグインの設定

ビジュアルエディターから、上の赤枠で囲んだアイコンをクリックすると次のような画面が開きます。

brlwsersnlrs2

Image Url:キャプチャ画像を取得したいサイトのURL

Image Link Url(optional);リンク先のURL

Image Width:画像の横幅

Image Height:画像の高さ

Image Caption:画像キャプション

Image Alt Text:画像のAltワード

Open Link in new Window?:チェックを入れるとリンクをクリックした時新しいタブで開きます

この状態で「OK」をクリックするとショートコードが生成されます。

browsershors3

すると、次のようにGoogleのキャプチャ画像を自動で取得してくれます。

browsershors4

 

使ってみた感想のまとめ

これを使うと、動的にキャプチャ画像を生成してくれるので、サーバーへの負担も軽減できますね。

ただ、jQueryなどで作られた動きのあるサイトでは自動生成してくれない場合もあるようなので、その場合は臨機応変に利用してください。

 

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

The following two tabs change content below.

山田 どうそん

現在「電子書籍出版株式会社」というグループ会社の代表をするとともに、個人事業として「トリガーマインド」を運営しています。 法人では電子書籍の出版代行やプロダクトローンチの企画運営、メディア制作代行、などを行っています。「トリガーマインド」は個人向けの教育事業を中心として展開しており個人の方がネットから低資金で集客できるようなノウハウを提供しています。 他には仮想通貨の自動売買の販売。仮想通貨の情報配信なども行っています。

【WordPressの最適な初期設定をすべて解説した動画78個を今だけ無料プレゼント】

 

 

あなたがもしこれからWordPressをはじめようとしているならこのプレゼントをぜひお受け取りください。

 

最初の初期設定を間違えてしまうと、あとから変更することができず、せっかくのWordPressの効果を最大限に活かすことができなくなってしまいます。

 

「長時間かけて作ったブログがあとから間違っていてすべて作り直し」

 

なんてことにならないために、このプレゼントを受け取って正しい設定をしてからスタートしてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現在「電子書籍出版株式会社」というグループ会社の代表をするとともに、個人事業として「トリガーマインド」を運営しています。 法人では電子書籍の出版代行やプロダクトローンチの企画運営、メディア制作代行、などを行っています。「トリガーマインド」は個人向けの教育事業を中心として展開しており個人の方がネットから低資金で集客できるようなノウハウを提供しています。 他には仮想通貨の自動売買の販売。仮想通貨の情報配信なども行っています。