簡易的な会員サイトを作るときに便利なサイト全体にパスワード設定できる「Password Protected」

Password Protectedはサイト全体に任意のパスワードを設定して、パスワードを知っている人しかサイトを閲覧できないようにできるプラグインです。

ちょっとした会員制サイトを作るときなどにこのプラグインがあるとすぐに作ることができます。

プラグインの特徴

  • サイト全体にパスワードを設定できる

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできますしWordPress内で「Password Protected」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「2.0.3」。

Password Protected
Password Protected
Developer: Ben Huson
Price: Free

プラグインの使い方

管理画面の場所

「設定」>「Password protected」に表示されます。

pwdp1

プラグインの設定

設定は非常にシンプルです。

pwdp2

Password Protected Status|「Enabled」をチェックすると有効化できます。(ただし、パスワードを設定する前に設定しても有効化にはなりません。)

Protected Permissions|パスワード入力の限定解除が設定できます。

Allow Administrators|管理者ユーザーのアクセス制限を解除する
Allow Logged In Users|ログインユーザーのアクセス制限を解除する
Allow RSS Feeds|RSSフィードへのアクセス制限を解除する

New Password|ここに任意のパスワードを設定します。

Allow IP Addresses|ログイン許可したいIPアドレスを入力します。

設定後の状態

パスワードを入力して保存を完了して、サイトにログインしようとすると次のようにパスワードの入力を求められます。

pwdp3

使ってみた感想のまとめ

非常に簡単にサイトにパスワードを設定することができました。

特定の管理者やIPアドレスの制限も解除できるので非常に使いやすいプラグインです。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

【WordPressの最適な初期設定をすべて解説した動画78個を今だけ無料プレゼント】

 

 

あなたがもしこれからWordPressをはじめようとしているならこのプレゼントをぜひお受け取りください。

 

最初の初期設定を間違えてしまうと、あとから変更することができず、せっかくのWordPressの効果を最大限に活かすことができなくなってしまいます。

 

「長時間かけて作ったブログがあとから間違っていてすべて作り直し」

 

なんてことにならないために、このプレゼントを受け取って正しい設定をしてからスタートしてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。