WordPressにスライドショーを設置できるスライダープラグイン「Slider by Supsystic」の使い方

スライダープラグインはたくさんありますが、Supsysticシリーズのプラグインは、オシャレで女性が気に入りそうな仕様になっています。この記事ではSupsysticシリーズのスライダープラグインについて紹介したいと思います。英語ですので、抵抗がない人は利用してみてください。

プラグインの特徴

  • いろいろなデザインのフォトスライダーを直感的に作れる
  • 有料版を購入すればスライドの種類の幅を広げることができる

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできるしWordPress内で「Photo Gallery by Supsystic」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「1.6.0」。

Slider by Supsystic
Slider by Supsystic
Developer: supsystic.com
Price: Free

プラグインの使い方

プラグインをインストールするとメインサイドメニューに下図のように出てくるので、こちらの「New Slider」をクリックします。

sbs1

スライダーネームとスライダーのデザインを選択するページになるので、任意の名前をつけて、デザインを選択して「Save」をクリックしてください。

「Get Pro」となっているスライダーは、有料版となっており、1サイト19ドル支払うと利用可能です。

sbs2

名前を決定するとスライダーの各種設定ができる「Sliders」に移動します。

下図に日本語で解説したので参考にしてください。

sbs3

「Add Images」から画像を追加すると下図のように画像が表示されます。

sbs4
  • Captionは画像に説明文を挿入できる
  • Linkは画像にリンクを貼ることができる
  • SEOは画像にalt属性を設定できる(Googleのロボットは画像が読めないのでalt属性の文字を認識する)
  • Cropは画像のトリミングポジションの設定だ。どこを起点に画像を切り取るかの設定がここでできる

これらの画像はドラッグアンドドロップで直感的に入れ替えが可能です。

sbs5

まとめ

このように、いろいろ細かい設定も簡単にできるのでおすすめプラグインです。

ちなみに、スライダーではなく「Supsystic」シリーズのフォトギャラリープラグインも合わせておすすめしておきたいと思います。

[clink url=”https://triggermind.com/photo-gallery-by-supsystic/”]

この2つがあれば、サイト上で画像表現力が格段にアップするでしょう。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

The following two tabs change content below.

山田 どうそん

現在「電子書籍出版株式会社」というグループ会社の代表をするとともに、個人事業として「トリガーマインド」を運営しています。 法人では電子書籍の出版代行やプロダクトローンチの企画運営、メディア制作代行、などを行っています。「トリガーマインド」は個人向けの教育事業を中心として展開しており個人の方がネットから低資金で集客できるようなノウハウを提供しています。 他には仮想通貨の自動売買の販売。仮想通貨の情報配信なども行っています。

【WordPressの最適な初期設定をすべて解説した動画78個を今だけ無料プレゼント】

 

 

あなたがもしこれからWordPressをはじめようとしているならこのプレゼントをぜひお受け取りください。

 

最初の初期設定を間違えてしまうと、あとから変更することができず、せっかくのWordPressの効果を最大限に活かすことができなくなってしまいます。

 

「長時間かけて作ったブログがあとから間違っていてすべて作り直し」

 

なんてことにならないために、このプレゼントを受け取って正しい設定をしてからスタートしてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現在「電子書籍出版株式会社」というグループ会社の代表をするとともに、個人事業として「トリガーマインド」を運営しています。 法人では電子書籍の出版代行やプロダクトローンチの企画運営、メディア制作代行、などを行っています。「トリガーマインド」は個人向けの教育事業を中心として展開しており個人の方がネットから低資金で集客できるようなノウハウを提供しています。 他には仮想通貨の自動売買の販売。仮想通貨の情報配信なども行っています。