WordPressにカレンダー形式のイベントページを作成できるプラグイン「The Events Calendar」

よくセミナーを開催する方や、イベントを開催する方はWordPressにイベント専用のページを作りたくなりますよね。

このプラグインを使えば、イベントという新しいカスタム投稿タイプでイベント専用の記事を投稿することができます。

ワンクリックでカレンダー表示に切り替えることもできるし、閲覧者がGoogleカレンダーを使っていればワンクリックでGoogleカレンダーにイベントを登録してもらうこともできます。

プラグインの特徴

  • カレンダー形式のイベントページを設置できる
  • Googleカレンダーにイベントを同期させることができる
  • macのiCal用のファイルをダウンロードさせることができる

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできますしWordPress内で「The Events Calendar」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「4.2.2」。

The Events Calendar
The Events Calendar
Price: Free

プラグインの使い方

管理画面の場所

「メインサイドメニュー」>「イベント」という欄が表示されます。

tec1

プラグインの設定

「イベント」>「新規追加」をクリックしてイベント専用のページを作成します。

tec2

一般の投稿ページとほとんど同じ表示ですが、画面の下の方に行くと「The Events Calender」という項目があります。そちらでイベントの情報を設定していきます。

tec3

表示は日本語なので特に迷うことはないと思いますのでイベント情報を入力して更新してください。

tec4

このようにイベントページが作成されました。

「Googleカレンダー」「ICALエクスポート」をクリックするとユーザーが自分のGoogleカレンダーやICALにイベント情報を登録することができます。

「イベント一覧」をクリックするとカレンダー形式でイベントを一覧することができます。

tec5

使ってみた感想のまとめ

非常に簡単にイベントページを作ることができるのでリアル店舗を経営している方やよくイベントを開催する人におすすめなプラグインです。

非常に簡単ですので使ってみてください。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

The following two tabs change content below.

山田 どうそん

現在「電子書籍出版株式会社」というグループ会社の代表をするとともに、個人事業として「トリガーマインド」を運営しています。 法人では電子書籍の出版代行やプロダクトローンチの企画運営、メディア制作代行、などを行っています。「トリガーマインド」は個人向けの教育事業を中心として展開しており個人の方がネットから低資金で集客できるようなノウハウを提供しています。 他には仮想通貨の自動売買の販売。仮想通貨の情報配信なども行っています。

【WordPressの最適な初期設定をすべて解説した動画78個を今だけ無料プレゼント】

 

 

あなたがもしこれからWordPressをはじめようとしているならこのプレゼントをぜひお受け取りください。

 

最初の初期設定を間違えてしまうと、あとから変更することができず、せっかくのWordPressの効果を最大限に活かすことができなくなってしまいます。

 

「長時間かけて作ったブログがあとから間違っていてすべて作り直し」

 

なんてことにならないために、このプレゼントを受け取って正しい設定をしてからスタートしてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現在「電子書籍出版株式会社」というグループ会社の代表をするとともに、個人事業として「トリガーマインド」を運営しています。 法人では電子書籍の出版代行やプロダクトローンチの企画運営、メディア制作代行、などを行っています。「トリガーマインド」は個人向けの教育事業を中心として展開しており個人の方がネットから低資金で集客できるようなノウハウを提供しています。 他には仮想通貨の自動売買の販売。仮想通貨の情報配信なども行っています。