ショートコードでカウントダウンタイマーを設置できるWPプラグイン「Uji Countdown」

期間限定のサービスを提供したい時に、申込みを促すためにカウントダウンタイマーを設置したい時がありますよね。

デザインの自由度はそれほど高くないですが、簡単にカウントダウンタイマーを設置できるWordPressプラグインをご紹介します。

プラグインの特徴

  • ショートコードでカウントダウンタイマーを簡単に設定できる
  • デザインカラーを多少変更できる

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできますしWordPress内で「Uji Countdown」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「2.0.7」。

Uji Countdown
Uji Countdown
Developer: Wpmanage.com
Price: Free

プラグインの使い方

管理画面の場所

「設定」>「Uji Countdown」に表示されます。

uji1

プラグインの設定

「Uji Countdown」をクリックして「Add new style」で設定をします。

uji2

それぞれの設定を見ていきたいと思います。

uji3

Timer Title:タイマーの名前

Google Font:フォントの設定

Alignment:タイマーの位置の調整

Main format:日付、時間、分、秒のどれを表示させるのかの設定

Secondary format:年、月、週の追加設定

Animation for seconds:アニメーションで時間が経過する設定

Display time label text:タイマーの下に表示されるテキスト表示の有無

Timer Size:タイマーの大きさ

Select Box Color;タイマーの色の設定。Bottomは下の色。Upは上の色。

Text Color:文字の色。Number Colorは数字の色。Shadow Colorは影の色。

Label Size:タイマーの下の文字の大きさ設定

Enable Subscribe Form:ココにチェックを入れるとフォームの設定ができます。ただ、うまく動作しなかったので、あまりオススメはしません。

タイマーを差し込む

タイマーの差し込みは、投稿編集画面から下図のボタンをクリックして挿入します。

uji4

次の設定をしてショートコードを挿入します。

uji5

Select Style:最初に設定したカウントダウンタイマーを選択します

Expire Date:テキストボックスをクリックするとカレンダーが表示されます。いつの日付までカウントダウンするか設定します。

Select Time:何時までカウントダウンするか設定します。

After expiration:タイマーが終了した場合どうするか設定します。

(Hide the count downにチェックをすると終了後タイマーが消えます。)

or go to URL:終了後に他のサイトへ飛ばしたい場合こちらにURLを入力します。

Recurring Time:繰り返しの設定をします。

(Every:どの単位で繰り返すかの設定。Repeats:何回リピートするかの設定をします。無制限の場合は空欄にします。)

Campaign Name:キャンペン名を設定します。

ショートコードが挿入されて次のようなカウントダウンタイマーが設定できます。

uji6

使ってみた感想のまとめ

カウントダウンタイマーの設定は難易度が高いのでこのようなプラグインがあると便利です。

ちょっとしたプロモーションのときなどに利用すると良いですね。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

【WordPressの最適な初期設定をすべて解説した動画78個を今だけ無料プレゼント】

 

 

あなたがもしこれからWordPressをはじめようとしているならこのプレゼントをぜひお受け取りください。

 

最初の初期設定を間違えてしまうと、あとから変更することができず、せっかくのWordPressの効果を最大限に活かすことができなくなってしまいます。

 

「長時間かけて作ったブログがあとから間違っていてすべて作り直し」

 

なんてことにならないために、このプレゼントを受け取って正しい設定をしてからスタートしてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。