WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよね。

このような行動を促すことをCTA(コールトゥアクション)といいますが、このCTAをショートコードで書き出して記事内の好きな場所に貼れたら便利ですよね。

このプラグインを使うとショートコードで簡単にCTAを設置することができます。

プラグイン挿入例

こんな風にメルマガ登録を促すボックスをショートコードで好きな場所に設置できます。

cta1

プラグインの特徴

  • メルマガ登録を促せるCTA(コールトゥアクション)をショートコードで設置できる
  • A/Bテストを実施してどちらのCTAが効果的か計測できる

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできるしWordPress内で「WordPress Call To Action Plugin」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「2.7.3」。

WordPress Calls to Action
WordPress Calls to Action
Developer: Inbound Now
Price: Free

プラグインの使い方

管理画面の場所

「メインサイドバー」>「Call To Action」が表示されます。

cta2

まず最初に「Add New」からCTAのテンプレートを作成します。

プラグインの設定

「Add New」をクリックすると次のようにテンプレートを選択することができます。今回は、赤枠で囲んだ部分を例に使い方を見ていきましょう。

cta3

次にテンプレートのタイトルを決めて、「Create Call to Action」をクリックします。

cta-4

次の画面で、CTAテンプレートの細かい設定をします。

cta5

赤枠で囲んだ部分がCTAのタイトルになります。

「Message Text」は投稿と同じようにビジュアルエディタで投稿できるのでとても簡単です。

画像を差し込みたい場合は図のようにビジュアルエディタで右寄せにするなどして挿入できます。

次は、飛ばしたいリンク先とリンクボタンの文章の変更です。

cta6

「Button Link」に飛ばしたいリンク先を入力します。

「Button Text」にはリンクボタンの文章が表示されます。

cta7

「Open Links」はクリックした時に、同じタブで開くか、新しいタブで開くかの設定です。初期設定では、同じタブで開く設定になっています。

「Custom CSS」は、このCTAテンプレートだけに反映させられるCSSを記述できます。

「Custom Js」は、このCTAテンプレートだけに反映させられるJavaScriptを記述できます。

自分なりの装飾や、アクションを加えたい人はこちらから設定するといいでしょう。

A/Bテストの設定方法

このプラグインはABテストを設置して2つのCTAを比較することができます。

「Edit Call to Action」ページの上のほうに「Add New Variation」というボタンがあります。

cta8

こちらをクリックするとABテストしたい新しいページを作成することができます。

「Call to Action」ページに行くとAとBのページが同じテンプレートで比較できるようになっているのがわかります。

cta9

カテゴリーを設定できる

メインサイドバーメニューの「Call to Action」>「Categories」でCTAに設定するカテゴリーを作成できます。

cta10

こちらで作成したカテゴリーをCTA作成ページで選択することでカテゴリー分けすることができます。

使ってみた感想のまとめ

バズ部さんのWordPressテーマのセオリーにCTAが挿入できて、「コレと同じようなプラグインがあったらいいのにな」と思っていたらありました。

ビジュアルエディターで作れるのでとても簡単です。

ただ、一点気になるのは、画像とデザインが場合によってくずれてしまうことがあるということです。

そういう場合は、CSSでレイアウトをちゃんと調整する必要があります。

もし、くずれた場合は、「Custom CSS」から調整するといいでしょう。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

The following two tabs change content below.

山田 どうそん

現在「電子書籍出版株式会社」というグループ会社の代表をするとともに、個人事業として「トリガーマインド」を運営しています。 法人では電子書籍の出版代行やプロダクトローンチの企画運営、メディア制作代行、などを行っています。「トリガーマインド」は個人向けの教育事業を中心として展開しており個人の方がネットから低資金で集客できるようなノウハウを提供しています。 他には仮想通貨の自動売買の販売。仮想通貨の情報配信なども行っています。

【WordPressの最適な初期設定をすべて解説した動画78個を今だけ無料プレゼント】

 

 

あなたがもしこれからWordPressをはじめようとしているならこのプレゼントをぜひお受け取りください。

 

最初の初期設定を間違えてしまうと、あとから変更することができず、せっかくのWordPressの効果を最大限に活かすことができなくなってしまいます。

 

「長時間かけて作ったブログがあとから間違っていてすべて作り直し」

 

なんてことにならないために、このプレゼントを受け取って正しい設定をしてからスタートしてください。

 


1 個のコメント

  • はじめまして。

    「WordPress Call To Action Plugin」のCSSの書き方について教えていただきたいです。
    パソコンではCSS記述なしで綺麗に表示できますが、スマホでは幅が大きすぎて画面の途中で文字が切れてしまうため、CSSで編集したいのですがCSSの書き方がわからずに困っています。
    書き方を教えていただけないでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    現在「電子書籍出版株式会社」というグループ会社の代表をするとともに、個人事業として「トリガーマインド」を運営しています。 法人では電子書籍の出版代行やプロダクトローンチの企画運営、メディア制作代行、などを行っています。「トリガーマインド」は個人向けの教育事業を中心として展開しており個人の方がネットから低資金で集客できるようなノウハウを提供しています。 他には仮想通貨の自動売買の販売。仮想通貨の情報配信なども行っています。