WordPressの記事をIllustratorのように直感的に操作して編集できるプラグイン「Zedity」

WordPressの投稿記事をIllustratorやPhotoshopのように画像やテキストを自由自在に操作できたら表現力の自由度が増しますよね。

今日紹介するプラグインは、そんなありそうでなかった編集機能を直感的に簡単に操作できます。

プラグインの特徴

  • Illustratorのように自由にテキストや画像を配置できる

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできますしWordPress内で「Zedity: The Easy Way to Create Your Posts & Pages!」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「7.1.2」。

プラグインの使い方

管理画面の場所

「メインサイドメニュー」>「設定」>「Zedity Editor 」から設定ができます。

zedity1

プラグインの設定

プラグインをインストールすると記事編集ページに次のようなアイコンが表示されるのでこちらをクリックします。

zedity2

すると、使い方のガイドが表示されるので、「NEXT」をクリックして進んでください。

「Conten」「Edit」「Boxes」「info」とありますが、主に使うのは「Boxes」です。

zedity3

ここで、画像を挿入したりテキストを挿入したりカラーボックスを挿入したりできます。

zedity4

直感的に操作ができるのですぐにわかると思います。

設定が終わったら「Content」から「Save」をクリックします。

そうすると、エディターに書きだされます。

使ってみた感想のまとめ

すごく便利ですが正直ちょっとした不具合も多い印象でした。

テキストボックスにコピペをするといちいちダイアログボックスが表示されたり、エンターを押すと勝手に行頭に移動したり・・・。

ちょっとしたレイアウトを作るだけなら大丈夫ですけど、ガッツリとなるとちょっと厳しいかもしれません。

とはいえ、これほど直感的に配置できるのは魅力の一つ。用途を絞って使えば使えるプラグインだと思います。

今後の改善に期待したいですね。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

【WordPressの最適な初期設定をすべて解説した動画78個を今だけ無料プレゼント】

 

 

あなたがもしこれからWordPressをはじめようとしているならこのプレゼントをぜひお受け取りください。

 

最初の初期設定を間違えてしまうと、あとから変更することができず、せっかくのWordPressの効果を最大限に活かすことができなくなってしまいます。

 

「長時間かけて作ったブログがあとから間違っていてすべて作り直し」

 

なんてことにならないために、このプレゼントを受け取って正しい設定をしてからスタートしてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。