WordPressにGoogleタグマネージャーを使ってGoogleアナリティクスとSearch Consoleを連携させる

WordPress

@どうそんです。

この記事では、WordPressにGoogleタグマネージャーのタグを挿入して、GoogleタグマネージャーとGoogleアナリティクス、Search Console(サーチコンソール)を設定する手順について解説します。

Googleタグマネージャーを使うことで、Search Consoleの設定も簡単にできますので、この手順でWordPressにタグを挿入するのがおすすめです。

アカウントはすでに作っているという状態で説明しますので、まだGoogleアカウントを持っていない人は先にGoogleアカウントを作成して、すべてのGoogleサービスを利用できる状態にしておいてください。

Googleアナリティクスのプロパティを作成する

Googleアナリティクスの設定から解説します。Googleアナリティクスにログインしてください。するとこのような画面になります。

画面左下に「管理」という歯車マークがありますので、そちらをクリックしてください。

そこから、「プロパティ」>「新しいプロパティを作成」を選択して新しいプロパティを作成します。

「ウェブサイトの名前」にサイト名などを入れてください。画像では「テスト」としています。

「ウェブサイトのURL」にWordPressのサイトドメインを入力します。画像では、「http://triggermind.info」と入力しています。ここで、注意が必要なのが、「http://」なのか、「https://」なのかしっかりと設定してください。

「業種」から自分のビジネスに関連する項目を選択してください。

「タイムゾーン」は検索窓に「日本」と入力して、日本に設定してください。すべての設定が終わったら「トラッキングIDを取得」を選択します。これで、新しい「プロパティ」が作成されました。

Googleアナリティクスだけを設定するのであれば、WordPress内に「グローバルサイトタグ」のトラッキングIDを挿入すればいいのですが、今回はタグマネージャーを使ってWordPressにGoogleアナリティクスを設定するので、このトラッキングIDは使用しません。

ひとまずGoogleアナリティクスの設定はこれで終わりです。ただし、あとでGoogleアナリティクスのこの画面に戻ってくるので、まだこのページは閉じないでおいてください。

GoogleタグマネージャーからGoogleアナリティクスを紐づけする

次にGoogleタグマネージャーにログインしてください。

このような画面になるので、「アカウント名」を任意で設定して、「国」を日本に変更します。「続行」をクリックします。

次に、「コンテナの設定」をします。コンテナというのは、箱の入れ物だと思ってください。「コンテナ名」を決めますが、僕はわかりやすいようにドメイン名を入れました。あなたもわかりやすいコンテナ名をつけてください。

「コンテナの使用場所」を「ウェブ」にして、「作成」をクリックします。

「Googleタグマネージャ利用規約」が英語で出てきますので、「はい」をクリックします。

すると、このようにコンテナという入れ物が作成されます。画面上に「Googleタグマネージャをインストール」というタグが表示されていますが、これをWordPressに入れていきます。ただ、その前にまずは、GoogleアナリティクスとGoogleタグマネージャーを連携させる必要があるので、GoogleタグマネージャーでGoogleアナリティクスの設定を行います。

「新しいタグ」をクリックします。

すると、このように画面が左側から開きます。

「タグの設定」のペンマークをクリックします。

画面左側から「タグタイプを選択」が出てきますので、おすすめにある一番上の「ユニバーサルアナリティクス」を選択してください。

すると、このように「タグの設定」に「ユニバーサルアナリティクス」が設定されました。

この状態で「Googleアナリティクス設定」で「新しい変数」を選択してください。

「トラッキングID」という項目にGoogleアナリティクスのトラッキングIDを入力します。

 

Googleアナリティクスのページに戻ります。「グローバルサイトタグ」の上の方に「トラッキングID」というのがあります。UAからはじまる数字です。これを全部コピーします。

Googleタグマネージャーに戻り、さきほどコピーしたトラッキングIDをペーストして貼り付けます。

設定が完了したら保存します。

変数名を求められるので、変数名を入力します。デフォルトでいいと思います。

このように「Googleアナリティクス設定」が入りました。次に「トリガー」を設定します。

「トリガー」のペンマークをクリックします。

「トリガーの選択」で表示されている「All Pages」をクリックします。

設定が終わったら、わかりやすいように名前をつけます。

「保存」をクリックします。

このように管理画面に戻るとGoogleアナリティクスのタグが設定されたことになります。GoogleアナリティクスとGoogleタグマネージャーが紐付いたということですね。

WordPressにGoogleタグマネージャーのタグを挿入する

次に、WordPressにGoogleタグマネージャーのタグを挿入していきます。

この2種類のコードをWordPressに挿入します。

まずは、上部のコードを<head>タグの直後に挿入します。このコードをコピーしてください。

WordPressに移動して、「外観」>「テーマの編集」をクリックします。すると、このようにphpファイルのコードの編集ページに移動します。

画面右側のheader.phpのファイルの「テーマヘッダー」をクリックします。

header.phpの中に<head>タグがあります。

このように<head>タグのすぐ下に先程コピーしたコードをコピーペーストします。

もし、この<haed>タグが見つけられない場合は、Macの方は「⌘」+「F」、Windowsの方は「Control」+「F」を押すと、このように画面内検索できるウインドウが画面上部に表示されます。ここに、<head>と入力すると、画面内にある<head>タグがハイライトされてすぐに検索することができます。

またGoogleタグマネージャーに戻ってもらって、今度は、下の段のコードをコピーします。こちらは、<body>タグの直後に挿入します。

WordPressのテーマの編集に戻り、「⌘」+「F」で検索してみます。bodyと入力します。

このようにハイライトされてすぐに見つけることができました。

ここのすぐ下に先程コピーしたコードを貼り付けます。

この状態で「ファイルを更新」をクリックすると保存されます。

これで、WordPressとGoogleタグマネージャーが紐付きました。ただ、ここで注意が必要なのが、まだこの状態だとGoogleタグマネージャーは動作していません。

Googleタグマネージャーのトップページの画面右上にある「公開」をクリックすると設定したタグマネージャーが公開されて動作します。

ただ、「公開」を押す前にWordPressとGoogleタグマネージャーがしっかりと紐付いているかテストしたいですね。

テストのやり方は「公開」のとなりにある「プレビュー」をクリックします。

「START PREVIEW」をクリックします。

すると、このようにプレビューモードに切り替わります。

プレビューモードにした状態で、Googleタグマネージャーを設置したトップページに移動してください。すると、このように画面下側からウインドウが開きます。

このように、Googleタグマネージャーで設定した項目が正しく表示されていれば、Googleタグマネージャーがしっかりと動作していることになります。

これで、プレビューモードを終了します。

この状態で「公開」をクリックします。

このように、公開したタグの「バージョン名」の入力をするように出てきます。そのタグがどのようなタグだったのかを覚えておけるような名前をつけておくといいでしょう。

細かい変更内容を残しておきたい場合は、「バージョンの説明」に詳しく記入しておくと後で振り返ったときに思い出しやすくなります。

例えば今回ならはじめてGoogleアナリティクスの設置をしたタグなので、「Googleアナリティクス初回タグ挿入」などと記入しておくとわかりやすいですね。

すると、このように設定したタグのバージョンの詳細が一覧で表示されます。このようになれば設定は完了です。

これで、Googleアナリティクスにサイトのアクセス情報が記録されていきます。

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを連携させる

GoogleタグマネージャーとGoogleアナリティクスの紐付けが完了していると、Googleアナリティクスからサーチコンソールを簡単に設置できます。

Googleアナリティクスの「プロパティ」から、画面下の方に行くと「Search Console」という項目があります。

「Search Consoleを調整」をクリックします。

「Search Consoleの設定」の下に「追加」という項目がありますのでそちらをクリックしてください。

「Search Consoleにサイトを追加」をクリックします。次に「OK」を押します。

すると、このようにSearch Consoleのサイトに移動します。「ウェブサイト」とありますので、サイトのドメインを入力して、「プロパティを追加」をクリックします。

このように「おすすめの方法」という項目が出てくるので「確認」をクリックします。

このようになれば、設定は完了です。Googleタグマネージャーを設置しているのでこんなに簡単に完了しました。

完了すると、このようにSearch Consoleの画面に移動します。この画面になったら、設定は完了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この通りやっていただければ、簡単に設置できますので、ぜひ試してみてください。

最後ですが、WordPressのヘッダーに直接タグを打ち込んだ場合一点注意が必要です。それは、テーマをアップデートした場合です。テーマがアップデートされると、前のファイルはすべて上書きされてしまいますので、入力したタグは消えてしまいます。

タグが消えた状態で放置してると、Googleアナリティクスの計測が止まってしまいます。

テーマをアップデートしたら、再度この手順でWordPressにGoogleタグマネージャーのタグを設定し直してください。そこだけ注意してもらえば、あとは大丈夫です。

この記事で説明した設定をしていれば、Search Consoleも設置できているので、SEO対策としての基本的な設定もバッチリです。

それでは。

おすすめの関連記事

はじめての人のWordPressの使い方全解説!初心者が学ぶべき基礎知識

メルマガ登録限定Udemy全コース無料プレゼント!

Udemyの無料コースと有料コース、全9コースをすべて無料で受講できます。有料コースはすべて無料クーポンを発行しています。メールマガジンに登録するとすべてのコースを無料で受講できます。
↓↓↓↓↓↓↓
https://triggermind.com/mailmagazine-live/

ブログ更新通知を受け取る