Googleサーチコンソール

サーチコンソールにXMLサイトマップを生成して登録しインデックス数を上げる

自分のサイトを作ったら、まずやるべきことは、Googleサーチコンソールに自分のサイトのXMLサイトマップを登録することです。

なぜ、これをやる必要があるかというと、サイトを更新した情報をこちらからGoogleBotに伝えることができるからです。

そうすると、GoogleBotがインデックスをしにきてくれるスピードが上がります。

もし、この登録をしないと、更新してもインデックスされるのに時間がかかって、せっかくの記事反映が遅くなってしまう場合があります。この登録はサイトを作ったら必ずやってきましょう。

いろいろXMLサイトマップを作る方法がありますが、まずは、どのような内容でXMLコードを書いたらいいのかを解説して、その後に、簡単にサイトマップ作れるジェネレーターツールを紹介します。

XMLサイトマップの中身

XMLサイトマップは次のように記述します。

「sitemap.xml」には、「ページURL」「最終更新日」「サイトの更新頻度」「優先度」を記述できます。

サイトの更新頻度は、会社サイトであまり更新しないようであれば、月に一度ぐらいでいいでしょう。

「優先度」はサイトで一番優先するものを、「1.0」としてトップページ以外は「0.5~0.8」その下のページは「0.4~0.1」で設定します。

ツールで行うと、簡単にサイトマップは作れますが、優先度も自動で決まってしまうので、これについては、自分でカスタマイズするとよいでしょう。

ただ、このようなプライオリティ設定(優先順位を決める設定)をしても、上位表示には関係ないとGoogleが解説しています。

優先順位が低くても良いコンテンツは自然と被リンクが多くなって上位表示されるからです。

じゃあ、意味無いじゃなかと思うかもしれませんが、意味はあります。

もし、同じレベルのページがあったときに、優先順位が高いほうが表示されやすいということになるのです。

ただ、そこまでこまかく気にする必要はないですが頭に入れておくといいでしょう。

ジェネレーターツールでサイトマップを簡単に作成する

XMLサイトは、上記のように、テキストエディタで作ることもできますが、ちょっと面倒くさいし大変です。

そういう場合は、自動生成ツールがあるので、そちらを利用すると便利です。

xml-sitemaps

このサイトは4つぼたんを押すだけで500ページ以内のサイトマップを自動で生成してくれます。

http://www.xml-sitemaps.com/

sitemapxml

これは、日本語サイトで、除外ディレクトリや同一タイトルのURLなどを省くことができるサイトマップジェネレーターです。

http://www.sitemapxml.jp/

XMLサイトマップをサーチコンソールに追加する

サーチコンソールのトップ画面から赤枠をクリックします。

xml-1

画面右側に「サイトマップの追加テスト」という赤枠の部分があります。

xml-2

ファイルをサーバーにアップロードした後に、追加テストの空欄の部分に「sitemap.xml」とタイプして送信します。

そうすると、上図のようにインデックス数が表示されます。

これだと、48ですね。

お問い合わせページとかインデックスされなくても良いページなどもあるので、8割〜9割インデックスされているといいでしょう。

xml-3

HTMLファイル以外の画像や動画ファイルのXMLサイトマップを作成する

サイトマップは画像や動画も登録することができます。

最近では、検索で画像や動画からサイトに来るケースもあるので、同時に登録しておくとよいでしょう。
画像のサイトマップの記述法はこちらです。

動画のXMLサイトマップは、次の要素を登録できます。

  • タイトル
  • 説明
  • 再生ページURL
  • サムネイルURL
  • 動画ファイルのURLまたはプレーヤーのURL(SWF)

今現在、日本で画像や動画のサイトマップジェネレーターは存在しないので、この2種類のサイトマップを作る場合は、テキストエディタで手打ちで作成するしかないのが現状です。

まとめ

WordPressなどのCMSを利用している人は、WordPressのプラグインで簡単に自動生成してくれるプラグインがあります。

有名なところだと、ALL IN ONE SEO PACKと、Google XML Sitemapsです。

WordPressの方はこちらの利用をオススメします。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. サーチコンソールの検索クエリでユーザーの検索キーワードをチェック…
  2. GoogleサーチコンソールでGooglebotのクローリングと…
  3. Googleサーチコンソールの初期設定の方法

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

LPテンプレートColorful(カラフル)をおすすめする9つの理由

この記事では、LPを簡単に作ることができるLPテンプレートColorful(カラフル)がどんな人にお…

WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter でフォロー

PAGE TOP