【iMovie】動画データを書き出して保存する方法



こんにちは、山田どうそんです。

この記事では、iMovieを使った書き出し方法について解説します。

YouTube

編集した動画を描き出す方法

この記事では、ローカルファイルに書き出す方法について解説します。

編集が終了し、動画を書き出せるようになりましたら、右上の「共有」をクリックしてください。

「ファイル」をクリックします。

書き出しの設定について

ファイル画面が表示されますので、ファイル名を書き換えます。

ファイルは基本的にmpeg4で書き出されます。

説明・タグ

「説明」や「タグ」は必要なときに変更することができます。

フォーマット

「フォーマット」は「ビデオとオーディオ」を選択してください。

また、オーディオのみを選択することで、音声だけを書き出すこともできます。

解像度

「解像度」の「1080p」はフルHDのことです。最近はこちらを利用しますが、データー量を小さくしたい場合は「720p」で書き出すこともあります。

品質

「品質」は、基本的には「高」でいいですが、より綺麗な画像にしたいときなどは「最高」を選んでください。

圧縮

「圧縮」は「高速」でいいと思います。「品質優先」を選んだ場合は書き出し時間が長くなります。

ファイルを保管する

「次へ」をクリックします。

「保存場所」を指定し、「保存」をクリックします。

書き出し時間が右上に表示され、丸印が全て白くなると、書き出しは完了です。

まとめ

この記事では、iMovie(アイムービー)を使って、ローカルファイルに書き出す方法について解説しました。

iMovie(アイムービー)は、シンプルに書き出すことができますので、あなたの動画編集に役立ててください。

コンテンツ・サブスクリプションで守る力を身につける

安定した収益を作ることができるコンテンツ・サブスクリプションのビジネスモデルを作って大切なものを守れる力を身につけませんか?

YouTubeのチャンネル登録をする>>>

ブログ更新通知を受け取りたい方はこちら



ABOUT US

Udemy受講生1万人以上のベストセラー講師。会員制サイト【YDO】山田どうそんオンラインスクールを運営。コンテンツ・サブスクリプションで安定したビジネスモデルを作る方法を教えている。安定した売り上げと時間の自由を同時に作り出せる仕組み構築が最も重要だと思っている。