【iMovie】テロップ(文字入れ)挿入のやり方



こんにちは、山田どうそんです。

この記事ではiMovie(アイムービー)テロップ(文字入れ)の挿入方法について解説します。

YouTube

iMovieでテロップを挿入するときの注意点

iMovie(アイムービー)は基本的にデフォルトのタイトルを利用して、テロップを動画に挿入します。

デフォルトのタイトルはあらかじめ設定されているため、iMovie(アイムービー)では、自由に好きな場所にテロップを挿入することができず、制限があります。

iMovieでテロップを挿入する方法

デフォルトのテロップでよく利用する、「下三分の一(表示)」(ローワーサード)を使って、テロップを挿入する方法について解説します。

「下三分の一(表示)」をドラッグ&ドロップします。デフォルトでは、4秒間のテロップが挿入されます。

テロップに文字を入力します。

テロップの長さをドラッグすることで調整することができます。

しかし、テロップの長さを長くした場合はディゾルブ(フェイド・イン/フェイド・アウト)の時間が長くなりますので注意が必要です。

エフェクトはタイトルにあらかじめ設定されているため微調整が難しく、いろいろと試して調整をしてください。

エンドロール

動画の最後に映画で流れるようなエンドロールを挿入することができます。

「エンドロール」を動画の最後にドラッグ&ドロップします。

エンドロールに「名前」などを入力します。

縦に名前がスクロールされるようなテロップを挿入することができます。

ティッカー

「ティッカー」をドラッグ&ドロップします。

右から左に流れるようなテロップを入れることができます。

 まとめ

iMovie(アイムービー)はデフォルトのタイトルを挿入することしかできません。

表現の幅は小さくなりますが、エフェクトの時間をうまく調整するなど、工夫次第でうまく動画にテロップを入れることができます。

是非、お試しください。

コンテンツ・サブスクリプションで守る力を身につける

安定した収益を作ることができるコンテンツ・サブスクリプションのビジネスモデルを作って大切なものを守れる力を身につけませんか?

YouTubeのチャンネル登録をする>>>

ブログ更新通知を受け取りたい方はこちら



ABOUT US

Udemy受講生1万人以上のベストセラー講師。会員制サイト【YDO】山田どうそんオンラインスクールを運営。コンテンツ・サブスクリプションで安定したビジネスモデルを作る方法を教えている。安定した売り上げと時間の自由を同時に作り出せる仕組み構築が最も重要だと思っている。