サブスクは双方向性を取り入れると結果が出やすい【オススメな会員サイトシステムのLMSはTeachable】



こんにちは。山田どうそんです。

この記事では、「双方向性の重要性」について解説していきます。

これからサブスクリプションを取り入れてビジネスを行う場合、決済システムの導入や価格設定等、重要視するべきポイントが数多くあります。その中でも、双方向性は重要なポイントの一つです。

双方向性とは、販売者からお客様へ一方的に商品のアプローチをするだけではなく、お客様も商品に対して簡単にアクセスできる状況のことです。

ただし、従来からある双方向性と現代のニーズに合った双方向性では、全く異なる特徴があります。

これらの違いについて解説しながら、これからサブスクリプションをする時におすすめのLMS(ラーニングマネジメントシステム)についてお伝えします。

YouTube

従来版・現代版サブスクリプションの特徴について

サブスクリプションとは、毎月決まった料金でサービスを提供する「月額課金サービス」のビジネスです。サブスクリプションの仕組みを構築することで毎月安定した収入を上げることができます。

また、サブスクリプションで双方向性を取り入れているビジネスには、従来版と現代版があります。この2つの大きな違いはシステムにあります。

従来版と現代版のサブスクリプションの双方向性についての特徴をそれぞれ解説していきます。

【従来版】双方向性を取り入れているサブスクリプションについて

【従来版】双方向性を取り入れているサブスクリプションとは、販売者がお客様へ電話をしたり、お客様から販売者へ電話をして商品のやり取りをする「カスタマーサービスセンター」があります。

代表的な【従来版】サブスクリプションは次の通りです。

  • 保険サービス(生命保険・損害保険等)
  • 新聞

保険(生命保険・損害保険等)や新聞はサブスクリプションの最も代表的なビジネスです。

特徴

保険サービスや新聞は、新規申込みや契約内容の変更・解約、再申込等の各種手続きをする場合、面倒な手続きや手間がかかります。

例えば、保険サービスや新聞を解約したい場合カスタマーサービスセンターへ連絡します。すると、解約理由を聞かれ引き止められた経験はありませんか?

また、カスタマーサービスセンターが混み合っていてなかなか電話がつながらない等、契約の変更や解約するときに手間がかかるイメージがあります。

また、個人が双方向性を保つために、従来版サブスクリプションシステムを導入するにはハードルが高いビジネスであり参入障壁も高く手間もかかります。

【現代版】双方向性を取り入れているサブスクリプションについて

【現代版】双方向性を取り入れているサブスクリプションとは、お客様自身が気軽にサービスを購入・キャンセルしたり、契約内容の変更や解約、再申込みをする等の一連の手続きが非常に簡単にできるシステムを取り入れているのが現代のニーズに合ったサブスクリプションのシステムです。

代表的な【現代版】サブスクリプションは次の通りです。

  • Netflix(ネットフィリックス)

Netflix(ネットフィリックス)とは定額・低価格で映画やドラマ等をいつでもどこでも好きなだけ視聴することができるサービスです。Netflix(ネットフィリックス)を例に基づいて解説していきます。

特徴

Netflix(ネットフィリックス)は、月額約1000円で1ヶ月間映画やTV番組が見放題のサービスです。「もう見ない」時はワンクリックで解約することができます。また、「見たい」時はいつでも再登録できるサービスを提供しています。

このように、お客様自身が気軽に商品を購入したりキャンセルできるよう、簡単にアクセスできるシステムが作られています。

これらのシステムはインターネットを活用することで、個人でも双方向性を保ちながらサブスクリプションをすることが可能です。

会員サイトシステムの重要性について

個人がサブスクリプションをするためには、インターネットを活用することが最も効果的です。

前章で解説したNetflix(ネットフィリックス)のように、お客様自身でアカウントを作り気軽にサービスを購入・キャンセルしたり、契約内容の変更や解約・再申込みができる一連の手続きが、非常に簡単にできるシステムを作ること、つまり、「会員サイトシステムを提供する」このシステムを作ることが重要です。

個人で「会員サイトシステム」を作るなんて「ハードルが高い」と感じる方もいるかもしれません。しかし、僕が実際に利用している海外のLMS(ラーニンングマネジメントシステム)を利用することで、個人でも簡単に「会員サイトシステム」を作ることができます。

おすすめのLMS(ラーニングマネジメントシステム)について解説していきます。

LMS(ラーニングマネジメントシステム)について

LMS(ラーニングマネジメントシステム)とは、オンラインスクール等を作成〜販売・お客様の契約管理等、「会員サイトシステム」を作ることができるサービスです。

おすすめのLMS(ラーニングマネジメントサービス)はTeachable(ティーチャブル)という海外のサービスです。

Teachable(ティーチャブル)は個人でも「会員サイトシステム」を作ることができます。また、非常に優れた機能を持つサービスです。もちろん企業でも利用できます。

Teachable(ティーチャブル)を利用することで、双方向性を保ちながらサブスクリプションをすることができますので、非常におすすめです。

Teachable(ティーチャブル)のサービス内容〜作り方・お客様の管理方法まで全解説しているサイトがあります。是非、参考にして下さい。

Teachable(ティーチャブル)の使い方全解説はこちら

Teachable(ティーチャブル)のサイトはこちら

サブスクリプションでおすすめできないケースについて

サブスクリプションで僕が個人的におすすめできないケースについてお伝えします。

例えば、次のケースです。

  • 毎月の決済をオンライン決済サービスのPayPal(ペイパル)等を利用
  • 商品提供はWordPress(ワードプレス)

このケースは会員サイトシステムではありません。

なぜなら、このケースの場合、お客様がサービスを解約したい場合、決済と商品のシステムが連携されていないため、お客様は次の手続きをする必要があります。

  • PayPal(ペイパル)へ解約手続き
  • 販売者へサービス解約の連絡

販売者もキャンセルや決済状況をその都度把握する必要があります。お客様も販売者も非常に手間がかかります。

そのため、サブスクリプションをする上で重要な双方向性を保つことができず離脱される可能性があるため、おすすめできません。

まとめ

この記事では、サブスクリプションを取り入れてビジネスをする場合、「双方向性を取り入れることは重要」について解説しました。

双方向性を保つために大切なことは、お客様にアカウントを作って頂き、お客様が気軽に申込や解約等ができる環境を作る、つまり、会員サイトシステムを作ることが、サブスクリプションで成功する非常に重要なポイントです。

おすすめのLMS(ラーニングマネジメントシステム)、Teachable(ティーチャブル)を導入して頂き、サブスクリプションのビジネスに役立てて下さい。

サブスクリプションモデルを構築し安定収入の仕組みを作りませんか?

自分の得意なスキルで会員サイトを作りサブスクリプションモデルを構築して安定収入を作りませんか?

もう、来月の売上を心配しなくてはならないビジネスモデルとはおさらばして、毎月安定的に収益を上げることができる新しいビジネスモデルを構築しませんか?

あなたが、サブスクリプションモデルを構築するために必要なリソースを学ぶことができる無料オンライントレーニングをご用意しました。

今回、この無料オンライントレーニングを視聴してくれた方に僕の有料コース5コース(合計12万円分)を無料でプレゼントさせていただきます。

今すぐ登録してプレゼントを受け取ってください。

それでは、無料オンライントレーニングでお待ちしております。

今すぐサブスクリプションモデルで安定収入を作る男の「無料オンライントレーニング」を視聴する>>>

ブログ更新通知を受け取りたい方はこちら



ABOUT US

Udemy受講生1万人以上のベストセラー講師。会員制サイト【YDO】山田どうそんオンラインスクールを運営。コンテンツ・サブスクリプションで安定したビジネスモデルを作る方法を教えている。安定した売り上げと時間の自由を同時に作り出せる仕組み構築が最も重要だと思っている。