WordPressカテゴリー一覧のチェックボックスが移動しないようにできる「Adjust Admin Categories」の使い方

投稿編集ページのカテゴリーを選択すると下にあるカテゴリーが一番上に移動してきて、カテゴリーの位置がわからなくなった経験はありませんか?

今選択しているカテゴリーがひと目でわかるのはいいんですけど、親カテゴリーや子カテゴリーなどに分けている場合、親カテゴリーと子カテゴリーの区別がつきにくくなりますよね。

そんなときに、この「Adjust Admin Categories」を使えばカテゴリー一覧を固定したままにできます。

プラグインの特徴

  • カテゴリー一覧を固定したままにできる
  • カテゴリーをラジオボタンにして複数選択できないようにできる
  • 親カテゴリーがある場合、親カテゴリーを選択できないようにできる
  • カテゴリーを必須にできる

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできるしWordPress内で「Adjust Admin Categories」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「1.1.9」。

Adjust Admin Categories
Adjust Admin Categories

プラグインの使い方

動画解説

普段のカテゴリー一覧は、下図のように、チェックされているカテゴリーが一番上に来るようになっていますよね。

aac1

でも、このプラグインを有効化すると下図のように、自動で上に移動しないように設定ができます。

aac2

まず、プラグインをインストールすると、メインサイドメニューの「設定」の中に「Adjust Categories」という項目が出てくるのでそちらをクリックします。

aac3

クリックすると、次のような設定を有効化できるページに移動します。

aac4

こちらで設定の有効化ができます。全部日本語なので簡単だと思います。

デフォルトではすべて「停止」になっているので、利用したい項目だけ「有効」にしましょう。

チェックボックスをラジオボタンにする

上から2番めの「チェックボックスをラジオボタンにする」を有効にすると、カテゴリを複数選択できなくなります。

必須項目にする

一番下の「必須項目にする」を有効にすると、カテゴリーにチェックを入れ忘れた場合、下図のようなダイアログボックスが出力されるので、カテゴリーのチェックを忘れないようになります。

aac5

一般的には、カテゴリーにチェックをし忘れた場合、自動でデフォルトのカテゴリーに設定されてしまいます。

そのようなカテゴリー忘れを防ぎたい場合は設定するいいでしょう。

使ってみた感想のまとめ

カテゴリーが大量に増えてくるといちいちカテゴリーに移動されると不便になる場合があります。

前親カテゴリーや子カテゴリーと分けていた場合、カテゴリーが上に移動してきて、親子関係がわからなくなります。

「あれ?これたしか、どれかの子カテゴリーだったよな・・・。どれだっけ?」なんてことになったことが何度かありました。

しかし、このプラグインを入れてからは、カテゴリーが移動しないので、そういうことが回避できるようになりました。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。山田どうそんです。37歳未婚。現在、東京都江東区に住んでいます。出身は佐々木希と同じ、秋田県秋田市。趣味は筋トレで週3回トレーナーをつけてジム通いしています。ビジネスは、コンテンツ制作のコンサルティングを行っています。
もともと、月収15万円の借金だらけ。未来に何一つ希望を持てなかった僕ですが、インターネットのビジネスをしたことで今では値段を気にせず買い物ができるようになりました。そうなれた要因の一つに「コンテンツ制作のスキル」を身につけたことがあります。
なぜ、「コンテンツ制作のスキル」を身に着けたことで稼げるようになったのか?それは、「コンテンツの質」=「集客力」だからです。多くの方がビジネスをはじめて、うまくいかないのは集客ができないからです。集客をするために、Facebookを始めたり、インスタグラムをはじめたり、YouTubeをはじめたり・・・。いろいろ試してみても、思ったようにうまくいかない人が多いのが現状です。
そんな、集客で悩んでいる人のために、どうやってコンテンツ力を上げて集客力を身につけられるのかをコンサルしています。
僕は、ネットビジネスで人生を大きく変えることができました。一生貧乏で一生自分に自信を持てない人生を歩み続けると思っていました。それが、今では上場企業の部長クラスの人よりも稼げるようになり、自分に大きな自信を持てるようになりました。それは、正しい知識を正しく学んでいったからです。ビジネスで集客力を身に着けて自分のビジネスを成功させたいという方のために力になりたいと思っています。
そして、僕は、もっともっと成長して人生を楽しみたいと思っています。