「Browser Shots」を使ってWebサイトのキャプチャ画像を自動生成するとキュレーション記事が作りやすい



【 最新の更新日は 2019年12月29日 です】

山田どうそんです。

「Browser Shots」は、動的に自動でウェブサイトのキャプチャ画像を生成してくれる優れもののプラグインです。このプラグインがあれば、ショートコードを挿入するだけで外部サイトのキャプチャ画像を挿入してくれます。

他のサイトを紹介したい時に、普通はそのサイトのキャプチャ画像を撮影して、Photoshopでリサイズして、サイトに貼り付けて、、、という結構な手間暇をかけて作業しますよね。正直結構たいへんです。

「Browser Shots」を使えば、ブログ更新のスピードも格段にアップします。

プラグインの特徴

  • 紹介したいウェブサイトのキャプチャ画像を自動生成してくれる

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできますしWordPress内で「Browser Shots」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「1.5.1」。

Browser Screenshots
Browser Screenshots
Developer: Ben Gillbanks
Price: Free

プラグインの使い方

管理画面の場所

プラグインをインストールするだけで「記事投稿」からすぐに利用できるようになります。

browsershors1

プラグインの設定

ビジュアルエディターから、上の赤枠で囲んだアイコンをクリックすると次のような画面が開きます。

brlwsersnlrs2

Image Url:キャプチャ画像を取得したいサイトのURL

Image Link Url(optional);リンク先のURL

Image Width:画像の横幅

Image Height:画像の高さ

Image Caption:画像キャプション

Image Alt Text:画像のAltワード

Open Link in new Window?:チェックを入れるとリンクをクリックした時新しいタブで開きます

この状態で「OK」をクリックするとショートコードが生成されます。

browsershors3

すると、次のようにGoogleのキャプチャ画像を自動で取得してくれます。

browsershors4

使ってみた感想のまとめ

これを使うと、動的にキャプチャ画像を生成してくれるので、サーバーへの負担も軽減できますね。

ただ、jQueryなどで作られた動きのあるサイトでは自動生成してくれない場合もあるようなので、その場合は臨機応変に利用してください。

ABOUT US
山田 どうそん
Udemy受講生2万人以上の自動化マーケティング講師。ビジネスはオンラインで完全に自動化させることが最も重要だと思っている。偽の自動化ではなく本物の自動化しか興味がない。Udemy→海外ツールを使ったマーケティングファネル→サブスク。自動化にはこの3つのスキルが重要でそれ以外のスキルは不要。何より優先すべきは時間。