【DaVinci Resolve】YouTubeに書き出す方法



山田どうそんです。

この記事では、DaVinci ResolveでYouTubeに直接書き出す方法について解説します。YouTubeに直接書き出す方法は2種類あります。

YouTube

カットページからYouTubeに書き出す

カットページのクイックエクスポートをクリックしてください。

すると、次のようなダイアログボックスが表示されます。

まだログインしていない場合は「アカウント管理」をクリックします。

すると、Internet Accountsというダイアログボックスが表示されるので、YouTubeのサインインをクリックします。

このようにログイン情報を求められるのであなたのGoogleアカウントでログインしてください。

任意のチャンネルを選択して「許可」をクリックするとYouTubeと紐づきます。これで、書き出しと同時に、YouTubeにアップロードすることができます。

Vimeoも同様の手順で直接アップロードすることができます。

デリバーからYouTubeにアップロードする

デリバーページからもYouTubeに直接アップロードできます。ただ、その場合事前に「DaVinci Resolve」>「環境設定」>「システム」>「Internet Account」から事前にログインしている必要があります。

レンダー設定からYouTubeに設定して、レンダキューに追加します。ローカルファイルへの書き出しと同時に、YouTubeに直接アップロードしてくれます。

Upload directly to YouTubeにチェックを入れるとアップロード時の詳細を入力することができます。

「Description」は説明欄への入力。「Visibility」公開設定や限定公開の設定。「Category」はカテゴリ設定です。

VisibilityのPrivateは限定公開。Publicは公開。Unlistedは非公開です。

「レンダキューを追加」をクリックすると保存するローカルファイルの選択ダイアログボックスが表示されるので、そちらを設定して、「レンダー開始」をクリックしてください。

YouTubeへのアップとローカルファイルへの保存が行われます。

まとめ

YouTube用の動画編集をしているかたは、このように直接YouTubeやVimeoにアップすると素早く作業を終わらせることができます。

ぜひやってみてください。

コンテンツ・サブスクリプションで守る力を身につける

安定した収益を作ることができるコンテンツ・サブスクリプションのビジネスモデルを作って大切なものを守れる力を身につけませんか?

YouTubeのチャンネル登録をする>>>

ブログ更新通知を受け取りたい方はこちら



ABOUT US

Udemy受講生1万人以上のベストセラー講師。会員制サイト【YDO】山田どうそんオンラインスクールを運営。コンテンツ・サブスクリプションで安定したビジネスモデルを作る方法を教えている。安定した売り上げと時間の自由を同時に作り出せる仕組み構築が最も重要だと思っている。