Googleアナリティクスの使い方と分析

セールスファネルを理解してウェブサイト改善のプロセスを知る

サイトで目的を達成することをコンバージョンと言います。

サイト改善というのは、コンバージョンを上げるための作業そのものです。

その時、サイト改善をする上で重要なサイト訪問者の動線を知るためのセールスファネルという考え方を説明したいと思います。

ファネルというのは、漏斗(じょうご)のことです。

瓶などの容器に水がこぼれないようにするときに利用するのが漏斗(じょうご)です。

上図のように、サイトに訪問した場合、徐々に絞りこまれていって、最終的にその一部の人だけが、「コンバージョン」します。

例えば、100人来たら、65人がサイト内で商品を探します。

そのうちの32人が商品の詳細ページを詳しく読みます。

このように、訪問した人数から最終的に成果となるまでに離脱していく人が必ず出てくるということですね。

サイト改善のカギは、これらの段階で、どれだけ離脱する人を減らせるかということになります。

商品詳細を見た32人が、20人から25人になったとしましょう。

そうなると、12.5%の上昇率だから、コンバージョンも12.5%上昇する可能性があるということです。

今回は、ECサイトを例に出して説明しましたが、基本的にこの考え方は、メディアサイトでも、リードジェネレーションサイトでも同じです。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. Googleアナリティクスで新しいセグメントを作成する
  2. GoogleアナリティクスでLPO対策が必要なランディングページ…
  3. Webサイト改善の基本的な考え方
  4. Googleアナリティクスのピポット機能を使ってより細かい軸で分…
  5. Googleアナリティクスの主な専門用語を正しく理解する
  6. Googleアナリティクスの無料版で計測できるデータの上限値は
  7. Googleアナリティクスのオーガニック検索キーワードを円グラフ…
  8. Googleアナリティクスのショートカットキー

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter

Facebookページ

Googleブランドページ

PAGE TOP