WordPressにスライドショーを設置できるスライダープラグイン「Slider by Supsystic」の使い方

スライダープラグインはたくさんありますが、Supsysticシリーズのプラグインは、オシャレで女性が気に入りそうな仕様になっています。この記事ではSupsysticシリーズのスライダープラグインについて紹介したいと思います。英語ですので、抵抗がない人は利用してみてください。

プラグインの特徴

  • いろいろなデザインのフォトスライダーを直感的に作れる
  • 有料版を購入すればスライドの種類の幅を広げることができる

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできるしWordPress内で「Photo Gallery by Supsystic」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「1.6.0」。

Slider by Supsystic
Slider by Supsystic
Developer: supsystic.com
Price: Free

プラグインの使い方

プラグインをインストールするとメインサイドメニューに下図のように出てくるので、こちらの「New Slider」をクリックします。

sbs1

スライダーネームとスライダーのデザインを選択するページになるので、任意の名前をつけて、デザインを選択して「Save」をクリックしてください。

「Get Pro」となっているスライダーは、有料版となっており、1サイト19ドル支払うと利用可能です。

sbs2

名前を決定するとスライダーの各種設定ができる「Sliders」に移動します。

下図に日本語で解説したので参考にしてください。

sbs3

「Add Images」から画像を追加すると下図のように画像が表示されます。

sbs4
  • Captionは画像に説明文を挿入できる
  • Linkは画像にリンクを貼ることができる
  • SEOは画像にalt属性を設定できる(Googleのロボットは画像が読めないのでalt属性の文字を認識する)
  • Cropは画像のトリミングポジションの設定だ。どこを起点に画像を切り取るかの設定がここでできる

これらの画像はドラッグアンドドロップで直感的に入れ替えが可能です。

sbs5

まとめ

このように、いろいろ細かい設定も簡単にできるのでおすすめプラグインです。

ちなみに、スライダーではなく「Supsystic」シリーズのフォトギャラリープラグインも合わせておすすめしておきたいと思います。

[clink url=”https://triggermind.com/photo-gallery-by-supsystic/”]

この2つがあれば、サイト上で画像表現力が格段にアップするでしょう。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。山田どうそんです。37歳未婚。現在、東京都江東区に住んでいます。出身は佐々木希と同じ、秋田県秋田市。趣味は筋トレで週3回トレーナーをつけてジム通いしています。ビジネスは、コンテンツ制作のコンサルティングを行っています。
もともと、月収15万円の借金だらけ。未来に何一つ希望を持てなかった僕ですが、インターネットのビジネスをしたことで今では値段を気にせず買い物ができるようになりました。そうなれた要因の一つに「コンテンツ制作のスキル」を身につけたことがあります。
なぜ、「コンテンツ制作のスキル」を身に着けたことで稼げるようになったのか?それは、「コンテンツの質」=「集客力」だからです。多くの方がビジネスをはじめて、うまくいかないのは集客ができないからです。集客をするために、Facebookを始めたり、インスタグラムをはじめたり、YouTubeをはじめたり・・・。いろいろ試してみても、思ったようにうまくいかない人が多いのが現状です。
そんな、集客で悩んでいる人のために、どうやってコンテンツ力を上げて集客力を身につけられるのかをコンサルしています。
僕は、ネットビジネスで人生を大きく変えることができました。一生貧乏で一生自分に自信を持てない人生を歩み続けると思っていました。それが、今では上場企業の部長クラスの人よりも稼げるようになり、自分に大きな自信を持てるようになりました。それは、正しい知識を正しく学んでいったからです。ビジネスで集客力を身に着けて自分のビジネスを成功させたいという方のために力になりたいと思っています。
そして、僕は、もっともっと成長して人生を楽しみたいと思っています。