WordPressをサーバーにインストールするやり方

この記事では主にエックスサーバーにWordPressを設定する方法を解説します。

これからWordPressを始めたいという人は参考にしてください。

サーバーを用意する

WordPressは、自分でレンタルしたサーバーにインストールして利用するツールです。

サーバーというと少し専門的だと思うかもしれませんが、それほど難しくはないのでぜひ覚えてください。サーバーというのは、わかりやすく言うと「土地を借りる」イメージです。そこに、WordPressという家を建てると思ってもらうといいと思います。WordPressという家を建てるために、自分でレンタルサーバーを契約する必要があります。

レンタルサーバーはピンからキリまであげたらキリがないほどたくさんありますが、僕は個人的にエックスサーバーが一番いいと思っています。理由は、比較的安いのに、高機能だからです。

よく、安いという理由だけでロリポップを契約する人がいますが正直あまりオススメできないです。というか、やめたほうがいいと思います。いろいろ不都合が起こりやすいサーバーですからね。

安いということは、それなりにリスクがあります。僕はWebサイトを作る上で、最も大事だと思うのがサーバーをどこにするかということです。

なぜなら、自分が気合を入れて作ったコンテンツを収納しておく場所です。一生ものの資産をしまっておく場所なわけですからいい加減なところだと困りますよね。セキュリティがいい加減で、問題も多い場所に置いておくことなどできないです。

ということでなるべくなら、高機能なサーバーをレンタルすることをおすすめします。

WordPressをサーバーにインストールする

WordPressをインストール方法は大きく2種類あります。

一つは、エックスサーバーなどのサーバー側で簡単にWordPressのインストールから初期設定をする方法。

そして、もう一つは、WordPressの公式サイトからWordPress.zipをダウンロードして直接サーバーにアップロードしてから初期設定をする方法です。

直接サーバーにアップロードして設定する

検索エンジンで「WordPress」と検索すると、「WordPress日本語」というサイトがトップに上がってくるのでそちらをクリックします。

そうすると次のページになるので、赤枠の部分から、zipファイルをダウンロードします。

wp-in-1

解凍するとフォルダのなかにたくさんのファイルが入っています。

「.php」というファイルがたくさんあります。

いきなり開くとびっくりするかもしれませんが、あまり気にしなくて大丈夫です。

一応、ファイルの特徴だけざっくりと説明しておきます。

ファイル/フォルダ名   概要
wp-content テーマやプラグインなどに関するファイルを格納しているフォルダ。
wp-admin 管理画面に関するファイルが入っているフォルダ。
wp-includes WordPressのシステム全般に関するファイルが入っているフォルダ。
index.php ウェブサイトにアクセスがあったときに最初に読み込まれるフォルダ
license.test/readme.html ライセンスについての説明などが記載されているファイル。
wp-acrivate.php ユーザーアカウントに関するファイル。
wp-blog-header.php WordPressの環境に関するファイルをロードするファイル。
 wp-comments-post.php コメント投稿に関するファイル
 wp-config-sample.php インストール時に、このファイルを元に設定ファイルを作成する
wp-links-opml.php リンクのXML出力に関するファイル
wp-login.php 管理画面のログインに関するファイル
wp-mail.php メールによるブログ投稿用のファイル
wp-settings.php WordPressを動かすための変数・関数・クラスの基本設定
wp-signup.php ブログ名・ユーザー名などの設定をおこなうファイル
wp-trackback.php トラックバックとping送信用のファイル
xmlrpc.php WordPressのXML−RPC通信に関するファイル

ダウンロードしてデータを解凍すると「wordpress」というフォルダが出てきます。

この中身をサーバーにすべてアップロードします。

例えば、「http:://test.com/」というサイトであれば、「http://test.com/index.php」となるようにアップロードするということですね。

サーバーにアップロードが終わったら、自分のドメインをURLに入れて実行します。

例えば、「http://test.com」というようにURLを打ち込みます。

ドメインとサーバーをひもづける設定は事前に行っておく必要がありますので、そこは先に設定しておいてください。

すると、このような画面になります。

wp-in-2

「さあ、始めましょう!」をクリックします。

すると、このような画面になるので、サーバーを準備するときに確認したデータベースの情報をユーザー名とパスワードに入力します。

wp-in-4

それ以外は、特にいじることはないので、そのまま送信を押します。

これらの情報に間違いがなければ、サイト設定に進みます。

wp-in-5

ここで、サイトタイトルとユーザー名を任意で設定してください。

パスワードも任意で設定できます。

なるべく、「強力」なパスワードにしましょう。

そして、メールアドレスを設定して、「WordPressをインストール」をクリックします。

ユーザー名とパスワードは、WordPressのサイトにログインするときに、利用するので忘れないようにしてください。

ちなみに、もし、この画面にくることができなければ、「wp-config.php」のファイルを開いてみてください。

wp-in-6

ここに先ほど入力をするように求められたデータが入っています。

上から、「データベース名」「ユーザー名」「パスワード」「データベースホスト」ここが、しっかりとあっているか確認して、これと同じ値を入力しましょう。

これが間違っているとサイト設定まで進めません。

最後に管理画面にログインします。

「http://test.com/wp-admin」と入力すると、ログイン画面に行きます。

先ほど、サイト設定のところで入力した、ユーザー名とパスワードを入力してログインができるようになります。

エックスサーバーからWordPressをインストールする

もう一つのインストール方法はエックスサーバーから直接WordPressをインストールする方法です。

これは、非常に簡単なのでこちらのほうがおすすめです。

wp-in-7

エックスサーバーの自動インストールをクリックします。次に自分が登録した、サイトを作りたいドメインを選択します。

wp-in-9

すると次の画面になります。①「プログラムのインストール」をクリックして、②の「インストール設定」をクリックします。

wp-in-10

次の画面でWordPressのサイト設定を行います。

あとの手順は、さきほどと同じで、「http://test.com/wp-admin」とURLを打ち込み、ここで設定した、ユーザー名とパスワードでログインができます。

wp-in-11

これでWordPressのインストールは完成です。

エックスサーバーのほうが楽だと思うのでこちらからインストールするのがおすすめです。

まとめ

一応、両方の設定のやり方を解説しましたが、エックスサーバーからの設定のほうが断然簡単です。

こちらから設定しましょう。

自分で設定したユーザー名とパスワードは、ログインの際に利用するので忘れないようにしましょう。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。山田どうそんです。37歳未婚。現在、東京都江東区に住んでいます。出身は佐々木希と同じ、秋田県秋田市。趣味は筋トレで週3回トレーナーをつけてジム通いしています。ビジネスは、コンテンツ制作のコンサルティングを行っています。
もともと、月収15万円の借金だらけ。未来に何一つ希望を持てなかった僕ですが、インターネットのビジネスをしたことで今では値段を気にせず買い物ができるようになりました。そうなれた要因の一つに「コンテンツ制作のスキル」を身につけたことがあります。
なぜ、「コンテンツ制作のスキル」を身に着けたことで稼げるようになったのか?それは、「コンテンツの質」=「集客力」だからです。多くの方がビジネスをはじめて、うまくいかないのは集客ができないからです。集客をするために、Facebookを始めたり、インスタグラムをはじめたり、YouTubeをはじめたり・・・。いろいろ試してみても、思ったようにうまくいかない人が多いのが現状です。
そんな、集客で悩んでいる人のために、どうやってコンテンツ力を上げて集客力を身につけられるのかをコンサルしています。
僕は、ネットビジネスで人生を大きく変えることができました。一生貧乏で一生自分に自信を持てない人生を歩み続けると思っていました。それが、今では上場企業の部長クラスの人よりも稼げるようになり、自分に大きな自信を持てるようになりました。それは、正しい知識を正しく学んでいったからです。ビジネスで集客力を身に着けて自分のビジネスを成功させたいという方のために力になりたいと思っています。
そして、僕は、もっともっと成長して人生を楽しみたいと思っています。