【Premiere Pro CC】カラーコレクションとカラーグレーディングの違い



こんにちは。山田どうそんです。

この記事では、カラーコレクションとカラーグレーディングの違いについて解説します。

一般的に色の補正のことをカラーコレクション、または、カラーグレーディングという言葉で表現しますが、混同して使っている方も見受けられます。しかし、意味は全く違います。

この記事を最後まで読んで頂くと、カラーコレクションとカラーグレーディングの違いについて学ぶことができます。この機会にこれらの違いについて覚えて頂ければと思います。

YouTube

カラーコレクションとカラーグレーディングの違いについて

カラーコレクションとカラーグレーディングの違いについて解説します。

カラーコレクションについて

カラーコレクションとは色補正のことで元々の色に整えることです。カラー補正とも言われます。また、カラーコレクションはある程度の基本が分かっていれば、それほど難しい作業ではありません。

カラーグレーディングについて

カラーグレーディングとは、あえて青くしたり赤くしたり等の雰囲気を作り、実際の色とは違った色の表現をすることです。どちらかというと、アートやクリエイティブの世界がカラーグレーディングです。

ハリウッド等一流の映像を作成しているところでは、必ずカラーグレーディングを行っており、映画の雰囲気や映画の世界観を色でも表現しています。

脚本の中にアクション等がありプラスアルファーでカラーグレーディングを行い、色でも雰囲気を伝えるということを行っています。そのため、カラーグレーディングは奥が深く色の高い知識と高度なスキルが求められる世界です。

具体的な事例

下記の映像は僕が撮影した映像で、木場公園で桜が咲いていたので一眼レフで撮影してきました。この映像を基にカラーコレクションとカラーグレーディングについて具体的な解説をします。

見て頂くとわかるように全体的に青っぽい映像ですよね。これは、わざと少し青っぽくホワイトバランスを青寄りにして撮影しました。

撮影した日は天気が曇りだったのですが、通常空は白ですよね。僕の撮影技術のレベルが低いこともあり、この映像は、空は青白く白トビもしています。

カラーコレクションは元々の色をそのまま表現するものです。そのため、基本的な工程としては、最初に映像のカラーコレクションを行い色を整えて、その後カラーグレーディングを行うことが一般的な行程です。

下記の映像の※箇所のように青白い部分を白にすることで、周りの色もしっかり整えることができます。

このように、色の三原色のバランスを整えて、バランス良く見やすい色でコントラストも付いているのがカラーコレクションだと思って頂けると良いかなと思います。参考にして下さい。

まとめ

この記事では、カラーコレクションとカラーグレーディングの違いについて解説しました。

カラーコレクションとカラーグレーディングは意外と混同されるケースが多いですが、全く違いますので、この機会に是非、覚えておいて下さい。

サブスクリプションモデルを構築し安定収入の仕組みを作りませんか?

自分の得意なスキルで会員サイトを作りサブスクリプションモデルを構築して安定収入を作りませんか?

もう、来月の売上を心配しなくてはならないビジネスモデルとはおさらばして、毎月安定的に収益を上げることができる新しいビジネスモデルを構築しませんか?

あなたが、サブスクリプションモデルを構築するために必要なリソースを学ぶことができる無料オンライントレーニングをご用意しました。

今回、この無料オンライントレーニングを視聴してくれた方に僕の有料コース5コース(合計12万円分)を無料でプレゼントさせていただきます。

今すぐ登録してプレゼントを受け取ってください。

それでは、無料オンライントレーニングでお待ちしております。

今すぐサブスクリプションモデルで安定収入を作る男の「無料オンライントレーニング」を視聴する>>>

ブログ更新通知を受け取りたい方はこちら



ABOUT US

Udemy受講生1万人以上のベストセラー講師。会員制サイト【YDO】山田どうそんオンラインスクールを運営。コンテンツ・サブスクリプションで安定したビジネスモデルを作る方法を教えている。安定した売り上げと時間の自由を同時に作り出せる仕組み構築が最も重要だと思っている。