サイトの読み込み状況を視覚的に表示できるプログレスバープラグイン「Brozzme Material Loading」



【 最新の更新日は 2019年12月28日 です】

山田どうそんです。

最近はスマホファーストが進んでいてサイトの読み込みスピードの速さはとても重要なポイントになっています。

ユーザーがサイトに訪れてボタンをクリックしてから次のページを読み込むまでの速さを視覚的に表示できるのがプログレスバーです。

これを設置することで、「ちゃんとサイトが読み込まれてるな・・・」というのを視覚的にわかるようにできます。

プラグインの特徴

  • サイトにプログレスバーを設置することができる

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできますしWordPress内で「Brozzme Material Loading」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「1.0.0」。

Brozzme Material Loading
Brozzme Material Loading
Developer: Benoti
Price: Free

プラグインの使い方

管理画面の場所

「設定」>「Material loadingという欄が表示されます。

bml1

プラグインの設定

「Material loading」をクリックすると次のような画面になります。

bml2

「Special template」でプログレスバーの種類を変更することができます。

それ以外はデフォルトのままで問題はありません。色を変更したければ「Bar color」などで好きな色に変更できます。

「Special template」はデフォルトで「Minimal」になっています。

bml3

これらの種類がありますが、うまく動作しないものもあります。

Minimal

画面の上に読み込みスピードを表示しているバーが見えるのがわかりますか?これが「Minimal」です。

bml4

Bounce

画面右上に丸いのがバウンドしているのがわかると思います。

bml5

このようにサイトの読み込み状況を視覚的に見せることができます。

その他にもいろいろな種類があるので自分で試してみてください。

プラグインの注意点

このプラグインは最近できたプラグインで、一番最初のバージョンなのだと思います。

そのせいか、多少不具合があったのでそこについて書きます。

「bar color」と「Home page color」の色を変更したら、うまく保存できず、色の設定が無効になってしまう場合がありました。

その場合、「Special template」の種類を変更して保存したらうまくいく場合がありました。

色の設定が無効になってしまうと、何も動作しなくなってしまいます。

色の設定は必須になりますので、このような不具合がおきた場合は、上記のように「Special template」の種類を変更して保存しなおすなどして色が適用されるようにしてください。

アップデートでこの不具合が解消することを願っています。

使ってみた感想のまとめ

サイトの読み込みスピードが視覚的に表示されると少しぐらい遅れても待ってくれる可能性が高まります。

僕は今デフォルト設定をしていますが、問題なく使えてるので、プログレスバーをWordPressに設定したい人は使ってみてください。

多少、動作しないものもありましたが、サイト全体に悪影響を与えるということはありませんので、そのへんは安心して使ってください。

サブスクリプションモデルを構築し安定収入の仕組みを作りませんか?

自分の得意なスキルで会員サイトを作りサブスクリプションモデルを構築して安定収入を作りませんか?

もう、来月の売上を心配しなくてはならないビジネスモデルとはおさらばして、毎月安定的に収益を上げることができる新しいビジネスモデルを構築しませんか?

あなたが、サブスクリプションモデルを構築するために必要なリソースを学ぶことができる無料オンライントレーニングをご用意しました。

今回、この無料オンライントレーニングを視聴してくれた方に僕の有料コース2コース(合計4.8万円分)を無料でプレゼントさせていただきます。

今すぐ登録してプレゼントを受け取ってください。

それでは、無料オンライントレーニングでお待ちしております。

今すぐサブスクリプションモデルで安定収入を作る男の「無料オンライントレーニング」を視聴する>>>

ABOUT US

山田 どうそん
Udemy受講生2万人以上の自動化マーケティング講師。ビジネスはオンラインで完全に自動化させることが最も重要だと思っている。偽の自動化ではなく本物の自動化しか興味がない。Udemy→海外ツールを使ったマーケティングファネル→サブスク。自動化にはこの3つのスキルが重要でそれ以外のスキルは不要。何より優先すべきは時間。