モーダルウィンドウを表示できるWPプラグイン「ITRO Popup Plugin」

サイトに訪れた人に、特定のアクションを促すために画面にウインドウを出したい時があると思います。

メルマガ登録を促したり、サイトを引っ越した場合などにも使えますね。

このプラグインは、ポップアップ表示ができるモーダルウィンドウの設定ができます。

プラグインの特徴

  • モーダルウィンドウを自由に設定できる

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできますしWordPress内で「ITRO Popup Plugin」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「5.0.1」。

ITRO Popup Plugin
ITRO Popup Plugin
Developer: ITRO Team
Price: Free

プラグインの使い方

管理画面の場所

「設定」>「ITRO Popup」に表示されます。

itro1

プラグインの設定

たくさん設定項目があるのでそれぞれの設定を個別に見ていきたいと思います。

ポップアップが表示される場所の設定

itro2

SHOW ADVANCED SETTINGS:チェックすると詳細設定を設定することができます。今回は簡単な設定のみの説明なのでチェックを外した状態で説明します。

DECIDE WHERE POPUP WILL BE DISPLAYED:POPUPが表示されます場所を決めます。

(Only selected pages→選択した場所にもに表示。All pages→すべてのページに表示。No page→表示させない。)

一般的な設定

itro-3

Popup seconds:ポップアップを表示させている時間

Next visualization(hours):次に表示させる時間

Delete cookie:クッキーの削除

ポップアップの状態

itro4

Popup width:ポップアップの幅

Popup background color:ポップアップの背景色

Popup border color:ポップアップのボーダーカラー

Popup position:ポップアップの場所

TOP MARGIN→Automatic top margin:ココにチェックを入れると自動でマージン幅を設定してくれる

BACKGROUND IMAGE:背景に画像を挿入したい場合アップロードする

ポップアップに表示させる文章

itro5

画面右側にこのようなビジュアルエディタがあるので、こちらに表示させたい文章を挿入します。

ビジュアルエディタなので使いやすいですね。

こんな風に表示される

itro6

時間がカウントダウンされて時間がすぎると消えます。

画面外をクリックしたり、バツボタンを押すことでも消すことができます。

使ってみた感想のまとめ

最近は、このようなポップアップのモーダルウィンドウは、ユーザビリティとしてあまり良くないですが、使いたいという人もいると思います。

特定のページに設定できるので、ページによっては使ってみるのもいいかもしれません。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。山田どうそんです。37歳未婚。現在、東京都江東区に住んでいます。出身は佐々木希と同じ、秋田県秋田市。趣味は筋トレで週3回トレーナーをつけてジム通いしています。ビジネスは、コンテンツ制作のコンサルティングを行っています。
もともと、月収15万円の借金だらけ。未来に何一つ希望を持てなかった僕ですが、インターネットのビジネスをしたことで今では値段を気にせず買い物ができるようになりました。そうなれた要因の一つに「コンテンツ制作のスキル」を身につけたことがあります。
なぜ、「コンテンツ制作のスキル」を身に着けたことで稼げるようになったのか?それは、「コンテンツの質」=「集客力」だからです。多くの方がビジネスをはじめて、うまくいかないのは集客ができないからです。集客をするために、Facebookを始めたり、インスタグラムをはじめたり、YouTubeをはじめたり・・・。いろいろ試してみても、思ったようにうまくいかない人が多いのが現状です。
そんな、集客で悩んでいる人のために、どうやってコンテンツ力を上げて集客力を身につけられるのかをコンサルしています。
僕は、ネットビジネスで人生を大きく変えることができました。一生貧乏で一生自分に自信を持てない人生を歩み続けると思っていました。それが、今では上場企業の部長クラスの人よりも稼げるようになり、自分に大きな自信を持てるようになりました。それは、正しい知識を正しく学んでいったからです。ビジネスで集客力を身に着けて自分のビジネスを成功させたいという方のために力になりたいと思っています。
そして、僕は、もっともっと成長して人生を楽しみたいと思っています。